車買取口コミを見る前に

 

車検が切れた車について

自動車を所有されている方にとって、車検がいつ行われるかは重要事項の一つになります。自家用の自動車を新しく購入された場合は初回は3年、以降2年ごとに車検を受ける必要があり、もしそれを受けない場合は車検切れとなってしまい、公道自体を走行することが出来ません。
仮に公道を走行して警察の取り締まりに遭遇すれば、道路運送車両法により違法となり罰則も存在します。罰則については、違反点数が6点、30万円以下の罰金となります。
なお罰則も車検切れの分だけで済めば良いですが、自賠責保険も保険期間を過ぎていることも多く、違反点数6点で50万以下の罰金に処せられます。よって違反点数自体も二つが加算されるため、違反点数12点となってしまい、90日間の免許停止処分を受けることとなります。
一方では車検が切れてしまった自動車を放置しておくことは違法かについては、当然、公道を走行しない限り違法と言えません。よくガレージや駐車場に放置したりすることも行われますし、買取専門店で展示販売されている場合は車検切れとなっているケースもあるぐらいです。
もちろん自動車の買取を行って貰うことも可能で、査定評価には影響があるものの所有者の自由な意思で売却を検討できる側面もあります。ただ期間が残っていれば残っているほど、買取査定も高くなる傾向が見られます。
持ち運びや移動については公道を走行することが出来ない以上、トラックで取りに来て貰い運ぶか、住んでいる地域の役所に出向いて仮ナンバーを発行して貰い、それによって移動するかの二つ方法があります。